FC2ブログ
 
裏ドラ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中目黒・芝松

「ウチはインドじゃねぇんだ、バカ野郎!」

…我が家のインド化に対し、生粋の京都人の家の者が反乱を起こした。
これが我が家で言うところの「セポイの反乱」かと思ったが、そのセポイ
こそインドなので…そうでもなく、加えてバカ野郎とも言われてない。

エエ、嘘つきました。スミマセン。

さて置き。
カレーばっかじゃアレなので…ちゃんこ鍋でも食べて八百長でもしよう!
と言う事になり。近所にできたちゃんこ鍋屋さん=芝松に行って来た。
歩いて(あるって)行けるのでビールも飲めるゼ♪

芝松
いきなり萬田久子さんが寄贈したのれんがお出迎え。
「デスパレートな妻たち」の吹き替えは…妙にフガフガしてますが、アレは
アレで良いのでしょうか?どうなのでしょうかね??

芝松
この店の名物=力士味噌とキュウリ。
何と、驚きの700円=ラーメン二郎大豚(ただし目黒店)。
…ボッタくr(略)だけど、クープンなどを探して出力して持って行くと
タダだったりする。ビバ、クーポン≠グルーポン。


芝松
「うまい物とは何か?」でおなじみのカニクリームコロッケ。
1個1個が大きい。単体の写真では分からないので…

芝松
顔のでかさに定評のある私との比較。
…小さく見える。でもデカい。うん、比較対象が間違っている(苦笑)。

芝松

たこ焼きではなく「つくね揚げ」。
だし汁につけて頂戴する。うん、美味しい。

芝松

塩ちゃんこ1人前。
うどんとかもデフォルトで入っている。出汁も美味しい。ズルズル飲める。
雑炊とかラーメンとかを追加注文もできるけど、注文すると力士体型になる
ので今回は自重。

2人で飲んで食って6,600円。
値段に比べれば満足度高し。お店も新しくて綺麗で、店員さんの目が良く
行き届いているので、鍋屋さんにありがちな「ほったらかし」感は無い。
ただ、飲料代が割と高いので…ビール党の人と行くと客単価が大変な事
になる気がした(笑)。

そんなトコですかね。

来週のイン研は「タンドリーチキン」の方向で(笑)。

ではでは。

スポンサーサイト

中目黒 鳥小屋

近隣の方からすれば御存じの事だろうけど。

中目黒のもつ鍋の店=鳥小屋が改装した。以前はこうガード下
の小汚い店であり、その小汚い店に多くの芸能人が集まりもつ
鍋をつつくと言う…そんなギャップのあるお店で。

今となってはそんな話は過去の事だ(笑)。
鳥小屋

「小汚い店の方が味があった」と言う向きもあるかも?だけど、
以前のお店は「キャパが物凄く少ない」事もあり、思い立って
突然行ける店じゃ無かった=要予約であり、何日も前からこの日
は「もつ鍋の日!」と決めた上でもつ鍋を食べに行くと言う。

「何が食べたいか?…もつ鍋だな??」と言う選択では無く、
「もつ鍋を予約したからもつ鍋」と言う事だったけど。

プラっと行けるキャパを手に入れた鳥小屋は…ある意味最強だな?
と。いつでも行けると言う安心感が「親の仇を取るようにオーダー
せずとも良い」と。

今日は酢モツだな?今日は明太タマゴだな?と言う…折角来たんだ
から!と言う感覚を覚え無くとも良いと言う「安心感」がある。

ってなわけで。
夜中に「お腹すいた!」と言う…夏休みにありがちな自堕落さをして
サクっともつ鍋に行って来ましたよ。

↓ヤッコサラダ。
鳥小屋
キャベツとレタスの千切りに鰹節と海苔とドレッシングとごま油が
かかっていて、キャベツとレタスの千切りの中に冷奴は入っている
と言うヘルシーなサラダ。

↓名物=明太たまご焼き。
鳥小屋


普通のたまご焼き?と思って中を見てみると…

鳥小屋

どっさり明太子が入っていると言う…「博多」を冠しているお店なら
ではの博多気分。野口五郎のデビュー曲は「博多みれん(演歌)」。

↓博多みれんを口ずさみつつ、もつ鍋がセットされる。
基本、お店の人にお任せしとけばOK。奉行が要らない分楽で良い。
鳥小屋


↓その間に鳥の唐揚げなどをいただく。
マヨネーズ好きにはタマらない…マヨネーズがどの料理にも惜しげも
なく使われていると…写真を見てみて感じた。
鳥小屋


↓もつ鍋、完成。
 もつがプニュプニュしていて、下処理もキチンとしてあるので…
 臭みもなく美味しい。
鳥小屋

↓シメのチャンポン。
 ある意味デザート。別腹と言っても良いだろう(嘘)。
鳥小屋


↓と言う事で。
 食って食ってちょっと飲んで食ってで…このお値段。
 個人的には「非常にコストパフォーマンスが高い」と思っており
 ます。生ビールは中と言う割には量が多いです。
鳥小屋
 

午前2時まで入店可能。
午前3時まで営業しとります。

美味しいお夜食を!と仰る皆様にはぜひ。意外と太らないですよ。
多分(笑)。


ではでは。

久々の休日

久々の休みだった。

広島中日戦で、中日がズムスタ名物=サヨナラ負け(勝利投手
高橋建=今季3度目)を味わい(笑)、「あぁー、ハイハイ、
そうね♪」と思うも…別に野球だけをして日々の全てである訳も
無く、モノも喰えば買い物もするぜ!と言う事で。

…結構「イケ好かない生活」をしておりまして(笑)。

飯を喰うと申さば駒澤エリアか代官山であったりする。

なぜなら「犬連れOK」の店が多いからだったりして。

犬を甘やかして育てた(?)ので、犬OKの店の方が長居が出来る
し気分的にも楽だったりする。

そんな訳で今日は…


試合に負けて、
で、代官山のモンスーンカフェに行きタイ&インドネシア系の
夕食を楽しみつつ「荒木がなぜゆえに起用されるづけるか?に
見る社会組織学(聴講生=家の者&犬)」を展開しつつ…後ほど
そこで述べた内容をブログにまとめつつ。

エビ


1)タイ海老トースト

エビ


2)タイ風春雨サラダ

春雨


3)ナシゴレン

ナシゴレン


などを食し…。


その後、代官山駅そばのセントジェームスでボーダーシャツなど
を購入し(クソ森仕様シャツ)、コーヒーが飲みたい!とてカフェ
ミケランジェロに行き、コーヒーやらカフェラテやらスイーツなどを
堪能して帰宅し、

カフェ犬

カフェラテ

オレ


で、帰宅後先ほどの「荒木がなぜゆえに起用されるづけるか?に見
る社会組織学
」をブログにまとめ、テレビを見て「阪神強ぇーーーっ!!」
って感嘆の言葉を吐き…龍馬伝を見たり眉毛をカットしたりして今に
至る…。

休日はこんな感じです。

そこはかとなく「イヤな奴オーラ」が漂うのは…
私が何を隠そう、イヤな奴だからです(笑)。


※でも、履いてたズボンは「ユニクロの1980円のモノ」でしたが(笑)。


ではではっ。

ご近所食事事情

遠出をしてモノを食べる機会が多い。
決して「ご近所で安直に済ます」と言う事を良しとせず、どこそこ
の何なにを食べると言う…「食は万里を超える」と言う…王将の
キャッチコピーのような人間である。

関西地方の皆さま、こんばんは♪

しかしながら…「ご近所のお店にも、しかも安直に思えるお店にも、
これは!と言うモノがあるのでは?」と言う…今はやりの“あるある
探検隊”のような事を…エエ、レギュラー…そんな事を思い、色々と
探索してみた。

まずは近所の「四川料理を得意としているお店」。
入店後いきなり、客のうちの女性…(と言うかパチンコ屋でガラスを
ドンドン叩いている姿がお似合いのオンナ)に「冷めてる…ってか
ヌルい!」と言う罵倒に近い指摘をいただき、店長が怒りに震えなが
ら「作り直します!」と厨房に戻ると言う…なかなかナイスな光景
に出くわすと言う(笑)。

タンタン麺

牛麺


そんな中で頂戴した…坦々麺と何だか酸っぱい麺。

酸っぱい麺を頼んだのは私。

…「出されたモノは最後までいただいた上で感想を言う」を是として
いる私が…最後まで食べきれないと言う…要は「酸っぱいのが苦手」
なだけの話ですが(笑)、「辛い」と書いてあるメニューが酸っぱ
かったと言うのが印象的だった。


ここまでが昨日。

で今日は、「犬を連れて入店可」のカフェ。

ワタリガニのアラビアータと、茄子とモッツァレラとひき肉のボロネーゼ。

パスタ1

パスタ2


味の印象として「テレビのバラエティ番組で、品川庄司の品川が、眼に涙
をいっぱい貯めて、付け焼刃の知識を披露した後に漂う、“頑張ってるよね?
俺??”」と言う印象を否めない店(笑)。スパゲティはそんなに頑張って
作るものではないような…全くマズい訳じゃないけど「余計な仕事がハナに
つく」と言う印象。

そうは言っても犬を連れて入れる店であり、犬用のメニューも充実しており、
適当に飲めそうなお店でもあるので…今後も使用する可能性はある。

まぁご近所はこんなモンか?と言うところでアレだけど、

今思うと「炭水化物、多く無いですか?」と言う感じ(笑)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。