裏ドラ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒙古タンメン中本の北極ラーメン

唐辛子系の辛さには強い。
蕎麦だの何だのには一味を20回以上振らないとイヤだと言う、
ホットさについての耐性は相当ある…と言うかとにかく唐辛子
好きの身として。

「蒙古タンメン中本」の辛さはどこまで耐えられるのか?と…
蒙古タンメンなど「甘口のカレーのようだ」と思っていた身と
して「北極を試さなきゃ話にならんだろう?」と思い。

年末にトライしてみた。

北極

結論を申さば…「たいした事は無い」と思った。
が、相席上等であるがゆえ、目の前に人が座っている時に、
クチに入れると「必ずムセる」のは間違いなく、目の前の
オッサンが麺をリフトアップしてクチに入れる…「グハッ!」
っと咳き込むサマなど…決して食欲を増進させないだろうし
気にする方は気にされるだろうし…。
だから極力ムセないように!と思うと余計に「グハッ!」って
なってしまう。一度「グハッ!」ってなったらもう耐えられない
と言う。

となると麺をすするのではなく、モグモグをクチに入れて食すと
言う外人食いをするほか無く…これだと少し心もとない。

であるがゆえに…喰えるには喰えるし、別にと言う感じではある
けど…ムセている以上は負けであると思う。

名古屋の味仙の台湾ラーメンのように…クチビルが3倍になると
言うクチビルの民現象は起こらないまでも…このムセっぷりと
鼻汁の分泌っぷりは…勝った負けたで申さば「負け」だろう。

辛さ度合い9は…私には重いようだ。

…でも…冷静に写真を見ると…「真っ赤」だね、こりゃ(笑)。

ではでは。

スポンサーサイト

東池袋の大勝軒

昨日の夜。
池袋で「立食パーティー」のようなモノがあり。
ってか「立食パーティー」で美味いものを食べた記憶が無い私と
して。
少し腹に何かを入れておこう!と言う事で…「少し」と言う基準
と「池袋大勝軒」の「あつもり(700円)」の相関関係が良くわか
らんけど(苦笑)。

大勝軒

ここの大勝軒は、「辞めるぞ本当に辞めるぞ!」と、区画整理の影響
と大将の体調不良もあって閉店した大勝軒をして、「大将はジッとして
おいてください。我々が…!」と言う事で、同じ東池袋の地で復帰した
と言う…閉店時のあの十重二十重の行列は何だったのか?と言う。

「ラ王」とか「若槻千夏のブログ」のようなラーメン屋…と言うのは
さすがに失礼だけど。

恐らく総本山なのだろうけど、飯田橋の大勝軒との「違いが分からん」
と言う(苦笑)。以前の大勝軒は…良くも悪くも色んなエキスが出ている
気がした(ってか生姜くさかった)けど、最近の大勝軒は…どこの何を
食べてもブレが無くて…ツマランかなぁ~と。

それが時代ってモノですかね。エエ。

…などと言いつつ、最近増量傾向なので(苦笑)、しばらくラーメンを
自重します。ええ、痩せたらまた食べます。

ではでは。

醤丸 (じゃんまる)

昨日、
雨の中、

冷たい秋の雨の下で、とても惨めな思いをした。

暖かいものが食べたい。…でも、手ごろな暖かいものも無く、
家のそばまで帰って来て、その家のそばで立ち寄ったラーメン
屋=醤丸 (じゃんまる)。

メニュー=つけ麺(700円)。
醤丸

普通、つけめんと申さばスープは割と濃い目のスープである
けど、ここのスープは量が多く、それほど濃くも無い。スープ
割とかしなくても飲めるレベル。あと、普通具はスープの中に
入っているはずのモノなのに…麺の上に乗っている。

このお店の発端は、先代のご主人が脱サラと言うか定年退職
後にラーメン屋がやりたくて、定年後にラーメン屋で修行して
開店されたそうで。

とにかく「一人で切り盛り」されてた。
その「一人で切り盛り」が限界に来たのか?何なのか理由は
分からないけど。1度、閉店し、その後に、同じ屋号・同じメニュ
ーで、別の店主で開店し、1人じゃなく2人で営業されており。

だから、個人的に、一人で目が届かないところにも届くように
なっていると見ているけど。

そうは言っても「我流」だな?と。

麺の上に乗ってる白ネギとスープの中にもネギが入っていて。
「カブっとるやん?」と言うのもあるし、麺の上にネギが乗って
いれば麺の上をまず箸でツマむ訳だから…「一口目の味=白ネギ
の味」でしか無いと言う(苦笑)。

その味を引きずったまま、ラーメンを食すと言う事になっており。
丼1杯をどう味わわせるか?と言う点においては…若干散漫だな?
と思ったけど。

…暖かくて、優しい味で…とにかく「ありがたかった」です。
富士山の上で食した豚汁がメッチャ美味かったようなモノでしょう
ね。エエ。

そんなトコで。

飯田橋 おけい

九段下・飯田橋界隈が多くて大変恐縮ですが(笑)。

「飯田橋おけい」の「タンメン(660円)」。

おけい

左隣が「青葉」、その左に「大勝軒」があり、その左も中華
の店と言う「中華料理のメッカ」。…一番左の店は置いておいて。

青葉と大勝軒が「ラーメン一本勝負」であるのに対し、おけいは
中華料理であり、何となれば餃子のお店である。「餃子」をデフォ
として、瓶ビールを飲み、それ以外に何かをツマむと言うのがツウ
だと思うけど。

タンメンが美味しいです。

自家製麺っぽい麺にモヤシ・キャベツ・豚肉と言うシンプルな具と、
よく効いたダシが物凄くマッチして、東京ドームに行く前の軽めの
食事としてはベストであると。

値段も660円だから…神宮のフードコートの1品価格であるとして。
東京ドームにお金を落とすのはイヤだ!と言う方には特にオススメ
の一品です。

これに餃子と瓶ビールを加えると…おけいのフルコースになります
ので(笑)。それは野球の試合に行く日以外に楽しめば良いじゃない?
と言う事で。

…自分の免許の写真の記事が一番上に来ているのが苦痛になって来た
ので…ラーメンネタに逃げました。

エエ、意気地なし(笑)。


ではでは。

豚骨世界 大大

豚骨は好きか?と問われれば…


「替え玉、大好き♪」と答える。とつまり…1杯目はそれほど好きでは
無く、2杯目に入った時に「バリ硬」とか「ハリガネ」とか言って運ばれ
て来た麺をドボンとスープに沈めるのが好きだったりして。

であるからして「替え玉」を食べられる食欲の時でなければダメなのが
豚骨系。…昨日など…午後5時ごろに何となく大きな喪失感があり、
食欲も無かったのだけど(笑)。…岩瀬ェ…。

でも、行ってきました。「豚骨世界 大大」。自由が丘にあります。

大大

お店はカウンターのみ。入口あけっぱなし系。せたが屋系列のお店。
味、極めてオーソドックス。

大大

全部乗せ=1000円。
海苔だのタマゴだのメンマだの叉焼だの…全部乗ってます。

大大

メニュー。…食券を買う際に既に「替え玉130円の食券」を購入し
お代りに備える。

大大

はい、その替え玉。
…世の中に美味しいものがあるとすればこの替え玉であると。
この替え玉を1杯目から食することが出来ればどれほど美味しいか?
などと良く分からん事を思ってみたりする(笑)。

替え玉の際には、スープに色々と入れられると言う特権もあり。
辛し野菜なるトッピングも入れられる。これが辛くて美味しい。

大大

辛し野菜。


…とにかく。
替え玉の無い豚骨は切ないけど。

替え玉をした後の、「後はもう自由!」と言う解放感が好きだったり
する。味は「普通です!」と(笑)。エエ、極めて普通。

お近くに行かれた際にはどうぞ!と言う感じだけど、ワザワザ来るほど
でも無いと言う(笑)。そんな感じですな。


ではまた今度の機会に(笑)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。