FC2ブログ
 
裏ドラ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンス

子供の頃から「サカナ好き」だった。
将来の夢は?と聞かれ、小学校就学前は「薬屋さん(=病院で
出してもらえる甘いシロップ状の薬が好きだから)」、小学校
低学年の時は「タクシーの運転手(=クルマに乗るのが好きだ
から)」、小学校4年の頃の将来の夢には「漁師」と書いた。
…それなりに勉強はできる子供だった。であるからして小学校
4年にもなれば「第1次産業に従事する事はねぇだろうな」とは
思っていたけど、でも「夢」として魚と戯れたいと言うのは
あった。

色々経て、
現在に至る。薬屋さんでもタクシーの運転手でも漁師でも
無い職業に就いている。今、一念発起してそれらの職業に
就こうか?とは一切思わず。…なれるものならば農耕系の
第1次産業の方に興味はあるけど、浜の漁業権だの荒くれ者
ばかりの漁師だの、時化だの何だのは正直なところカンベン
して欲しいけど。

でも、サカナは好きだ。

東日本大震災があり。
私の中で東北との距離が縮まった。近くなった。
そして、東京から約600kmの距離を経たところに岩手県宮古市
がある。津波の被害が大きかった地域であり。でも、豊富な
海産物の恩恵にあずかってきた地域でもある。

東北

東北

「魚菜市場」なる地元で水揚げされた魚などを扱う市場の
魚が…実に良い。本当に、ワクワクするほど良い。秋には
サンマ、冬には鱈、毛ガニ…春には、そして夏にはまた別の
海産物で市場は賑わうのだろう。とにかく東京ではお目に
かかれない新鮮な海産物にお目にかかれる。

水族館の魚よりも胃袋にクるし。
お腹がグゥーーーーっと鳴ったら、市場で魚を味わうもよし、
地元の料理屋で新鮮な魚を味わうもまた良い。

東北

東北

「定食」として頼んだ「少しずつ食べられるセット」のはず
だけど、大人3人がシェアしてもじゅうぶんな量がある、
これで1人前と言う「磯定食」。とにかく海胆だの刺身だの
子持ちカレイの煮つけだの、勿論旬の毛ガニだの…あ、あと
ホヤだの…これでもか!ってぐらいの宮古の海産物が味わえる。

無粋を承知で値段を申さば…4,500円。
築地の場内で寿司を食べればそのぐらいの値段だろう。…量は
4倍ほどあるのが宮古(笑)。盛り方はもう雑だけど…それも
含めて宮古。

実は、先週、東北に行った際。
冬の宮古街道は凍結してるだろうなぁ~と、岩手行くのは諦めて
いた。でも何となく盛岡までは北上出来そうだったので岩鋳なる
南部鉄器の工房とお店に行き。
…すき焼き鍋だの鉄瓶だの風鈴だのを買って…。いや密かに
工芸品好きでもあり(笑)。

東北

そのまま南下して、宿をとった塩釜に戻ろうと思ったのだけど。
…宮古が呼んでた。いや、胃袋が宮古を欲した。「メシ、喰って
帰ろうぜ!」と。盛岡から宮古往復…冬の宮古街道なので…
所要時間片道2.5時間見当。

「5時間かけて宮古に行くとか、バカだよなぁ~」と、
私をスキーに連れてっての台詞のような事をつぶやきつつ。

ニヤニヤしながら宮古に向かって。
海を見て、亡くなられた方のご冥福をお祈りして。
腹いっぱい魚喰って太って帰って来た。…5時間(盛岡往復)
かけて(笑)。

震災から1年。
「支援」だの「忘れない」だの「絆」だの、色々な言葉が飛び
かう。「心を一つに」だの何だの、今まで40数年生きて来て
他人様と心を一つにした記憶などほぼ無い身として、そんな
お題目の数々に従順に従うつもりも無ければ、出来もしない
自己犠牲を払い続けるつもりなど毛頭ない。ってか好きでも
無い事は出来ない自信もあるし。「やってやってる、来て
やってる」などと言う思いあがった気持ちがあるなら行かぬ
方が良いとも思ってる。

今、私を東北に向かわせる動機づけは、
「好きだから」の一点のみになっている。「サカナが好きだ」
と言う点、工芸品が、景色が、そして…津波に多くのものを
流されちゃったけど、前を向いて生きようとする人々の
いじさしさが…たまらなく好きだと言う点。

これしか無い。

良い事をしようとも、自分の歩みを誰かに認めてもらおうとも、
徒党を組んで何らかの活動を起こすつもりも毛頭ない。自分の
知識と経験を復興のために少しでも役立てよう!などと言う
高邁な姿勢も殆どない。

ただ、好きな事をやる。

でも、その中で忘れちゃならないのは、
多くの方が亡くなられ、今なお3千人以上の方が行方不明のまま
になってると言う被災地の現状であり。多くの方々が傷を抱えた
まま日々の暮らしを生きてらっしゃると言う事実であると。

それは忘れないように外さないように。
でも、そこに遠慮や配慮をしすぎないように。

バランスを図りつつ。

好きな事をやる。

震災後1年経った今。
我が東北との向き合い方はそんな感じ。

「あー、腹減ったな。サンマ喰いたいな。宮古のサンマ」って、
思い立っていきなりサンマを喰いに行ける…そんな感じで行きたいと
思ってます。はい。


スポンサーサイト

THE HAPPY PRINCE

オスカーワイルド著 THE HAPPY PRINCE
邦題 「幸福の王子」。

最近この童話についてずっと考えている。
登場人物は、この世の中に起こる醜悪で悲しい出来事に心を
痛める黄金の王子の像と、そしてひょんな事で王子の像の
足元にたどりついたエジプトに渡る途中のツバメ。
そして王子の像のある街に暮らす人々。

王子は、その街に暮らす可哀想な人々のために自らの装飾品
をツバメに託して届け、その届けられたものを得た人々は、
もちろんその幸福を喜ぶのだけど…誰も王子とツバメのおかげ
である事は理解しない。

ツバメは渡り鳥であるがゆえ、
寒い冬にはエジプトに渡らねば凍死してしまう。

だから何度も王子に「エジプトに行かせてください」と懇願
するも王子は「もう一晩」と言う願いを繰り返し、エジプト
に行かせてくれない。

やがて、王子は両目のサファイアも街の人のために使って
しまう。両目のサファイアを取り出す事で王子は視力を失う。

自らを犠牲にして街の人々に尽くす王子に、ツバメは殉じる。
凍死する事を厭わず、王子のために街の人のために尽くす事
を決意する。

かつてはエジプトに渡る事を王子に希(こいねが)い、
街の人々に王子の善意を届ける事の素晴らしさを理解しつつ、
それでもエジプトに渡りたい気持ちが心の中にあり続けた
ツバメが、王子の献身に触れて自らも献身に殉じた。

そしてやがてツバメは死ぬ。

王子の手に、お別れのキスをして良いですか?と願い。
王子は、ツバメはエジプトに旅立つものと思い、お別れの
キスは手ではなく唇にして欲しい。なぜなら私はあなたを
愛しているからと告げる。

“It is not Egypt that I am going." said the Swallow.
“I am going to the House of Death.Death is the brother
of Sleep, is he not?”

「エジプトに行くんじゃないです。
 死ぬんです。でも、死ぬって眠るのと同じようなものです
 よね?」

…そう言ってツバメは王子の唇にキスをして、死んで王子の
足元に落ちる。残された王子は、体中の装飾品も、身体を
覆っていた金箔も全て無くなったみすぼらしい姿で、
そしてその身体の中にあった鉛の心臓が音を立てて割れて
しまう。

みすぼらしい王子の像と、そして足元のツバメの死骸を見て、
街の人は口々に罵る。そしてツバメの死骸は捨てて、王子の
像は溶鉱炉で溶かしてしまう。今まで尽くして来たこと、
街の人々のために命を削って行った様々な行為は…決して
人々から感謝される事は無い。

最後の最後には、「神」と言う概念が登場し、ツバメと王子
の心臓を尊いものとして神が評価するという…報いはあるの
だけど、王子の像の「死の瞬間」が心臓が割れた時であり、
そして王子の願いが「街の人々の幸福」だったとするならば、
「善行をしたツバメと、そして王子が神様に評価されたこと」
が最高のエンディングでも無いのでは無かろうか?

王子にとっての幸福は、自らの身を削って幸せを与えた街の
人々の幸福であり、そしてツバメがエジプトに旅立ち…
幸福に暮らす事だと思う。自分とツバメだけが神の祝福を
受ける事でも無いと思う。
一方でツバメからすれば、例え我が身を犠牲にしたとしても、
王子の善意を受け街の人々のために尽くし、そして死に際し
王子に「愛している」と言われた一点をして、ものすごく
幸福なエンディングだったのでは?と思う。

世の中には「行動」に対しての「評価」と言うものが存在し。
例えば地位名声、金品と言う分かりやすい評価指標が存在
するのも事実だと思う。「世の中に認められる=幸福」と
近しいのは、疑う余地は無いだろうし。

でも。
例えば死に瀕したツバメが、みすぼらしくなった王子の
像の唇に、最後のチカラを振り絞ってキスをした瞬間も、
この上ない幸福であるとも思う。

誰かに感謝されるとか、
世間の評価を得るとか。地位や名声が付いて来るとか。
…或いは「神様が見ている」と言うものすごく大きな概念
が無くても…ほんの一瞬の光彩で、人は幸福のうちに
生き、死ねるとも思う。

被災地を訪れるたびにいつも思う。
「こんな事をして何になる?時間もお金も、他の事に使えば
もっと楽しい生活を送れるのに」と、エジプトに行って
楽しく過ごす事ばかりが心にあって。でも王子の願いを断り
きれないツバメの心境に少し似たものを感じる。

その一方で、
東北の方が私を知らずとも、
私の中では“馴染み”と思える場所もでき、人々もできてきた。
遠巻きに眺めたりただの買い物客としての接触ぐらいしかなく。
「わざわざ東京から来てくれたの!」と言う感謝の言葉を
受ける訳でも無いけど。
そこで暮らす人々が元気でいてくれれば嬉しいし、元気な様子
や前に向かって進んでいる姿を感じられれば…本当に嬉しい。

世間一般の「幸福」の軸とは、多少ズレた「幸福」かも知れない
けど、東北に行く“だけ”で得られる幸福もあるし。それを求め
て今後も東北に行くんだろう。

それが我が「幸福のカタチ」なんだと思ってる。

新年

新しい年になって随分経ちます(笑)。
何だか書きそびれて今まで来てしまいました。
今日、1月17日は17年前に「阪神淡路大震災」が起こった日です。

当時、関西にいた身として、あの時のことはよく覚えてます。
平日だったけど有給休暇を取得していたので明け方の大きな
地震で目が覚めて。でも、25歳と言うヤングな身としては幾ら
でも眠れたので2度寝して。

起きて遊びに行こうと最寄駅に行ったら電車など動いている
由もなく。あわてて家に帰ってテレビを見たら神戸の街が凄い
事になってました。

その後はもう、生活における不便さのみが気になって気になって。
25歳のヤングの身としては「人を助ける」と言う事だとか「チカ
ラを貸す」と言う事よりも満員電車が気になるとか、あるいは
テレビがツマンネーとかとか。

心にあったのはそんな事ばかりだった気がします。

今にして思うと随分と他人事だったなぁ~と。

まぁそんな経験や記憶も含め、今の自分がいるんでしょう、たぶん。

過去に起こった事をやり直したりする事はできない反面、
過去を経て今ある自分がこの先に起こす行動は幾らでも選べる。
体験を通じ、様々な後悔や「たられば」があるからこそ、後悔の
無い選択とは何ぞや?その選択をするために、勇気だったり
胆力だったりが必要ならば、それを会得するために何をすべき
か?などなど。

目の前の時間の使い道として、
例えば17年前に25歳だった時に比べれば人生の残存時間は少なく、
恐らく体力やら何やらも落ちてるでしょうし…何より若さが
無くなればその分選択肢の幅は少なくなるとは思いますが。

その分、選んだものに対しての精度なり、或いは責任感なり
はより強固にして行かねばならんなぁ~と。


新しい年を迎えるにあたり、そんな事を思ってました。

ってなわけで。
本年もよろしくお願いします。

ではでは。

エトセトラ

今年もあと数日で終わる。
本当に、色々な事が起こった。
東日本大震災も、そして関西地方で起こった台風による水害も。
はたまた海外でも大きな地震があったり洪水があったりと、
自然の猛威をまざまざと見せつけられた1年であり。普通に暮らす
日常と言うもののありがたみを痛感した1年でもあった。

残念ながらそうした気持ちってぇのは日常の雑事の中で霧消して
しまうのだけど。だから、そうしないためにも東北に行き続け、
現状を自らの目で見て、理解してと言う活動を続けなければと
思っている。

同時に、「行く、見る」のはソレとして、「関わる」と言う点に
おいてじゅうぶんじゃないよな?と言う点を感じ始めている。
基本スタンスとして、「踏み絵」にならない程度のオファーに
留めており。「興味があるようでしたらモゴモゴ」と言う、
若干の回りくどさをはらんでいる点は否めない。もっと強く、
暑苦しくリードすれば…或いはもう少し大きな結果を被災地に
もたらす事ができたのかも?と思いつつ、一方で「焦って無理
して、色々なフリクションや矛盾を抱えた状態でパッチワーク
的な活動をしてもしゃーないじゃん?」と。

例えば私が「皆様からの善意の義援金を募ります!」と言ったと
して。そこに善意が集まったとして、その善意をどう使う、
「こう使いたい、そうする事によってこうした支援が被災地に
できる」と言うアウトプットのイメージが無ければ、言葉は
悪いけど「エエ事をしている俺って凄く素敵♪」と言う、
ある意味私が「もっとも嫌うところの活動」になってしまう。

善意を結集するのであれば、その結集した先の結果をキチンと
開示し、それがどのぐらいの割合で達成されたのかを量る指標
(ビジネスで言うところのKPI)を持たねばならないと思うし。

それが分からない、不明瞭、他者に説明できない要素が多く
含まれているのであれば、自分の中でキチンと吟味すればよい
だけの話だと思う。

恐らく、復興支援活動の説得力やモチベーションは…3月11日
以降、どれだけ素早く現地と向き合ったか?に比例すると思って
おり。私はちょうど3カ月後、6月11日が初体験だったので…
若干の出遅れ感は否めないにせよ、それでもあの時の経験や
衝撃が心の中に未だ大きく残っている事をして…非常に大きな
財産であると思っている。

あまり大きな事は言えないけど。
来年はもう少し、キチンとした活動指標を設定し、系統立てて
支援活動をして行こうと思っており。そこには賛同者の方々を
募り、「世の中に支援活動を喧伝して行く事」などもやって
行かねばなぁ~と。そんな事も考えている。…あ、別に義援金
を募る事が目的では無く(笑)。

恐らく、今の東北に根強く残る問題として「雇用問題」があると
思っており。要は失業保険を受給し続ける方が取って付けた
ような求人に飛びつくよりも身入りが良かったり、諸々の権益
のような労働にありつく方がその場はしのげたりする。

その一方で「こんな事をいつまでもやってちゃダメだ」と言う
自責の念もあったりすると思うし。

地元が地元のみで完結していると、どうにも目線が近くなりすぎる
とか、他の選択肢が思い浮かばないとかとか…自責の念のみが
あるだけで何も動かないとか、色々な問題が日常生活に根付いて
いる気もするので。

「四の五の言って無いで“働け!”」と、勿論労働に対する対価
はキチンと担保し、そうは言っても過度な待遇で「まぁ可哀想
可哀想」と言う泣き売のような事では無く。

とにかく、
東北には物凄い「資源」があり。
それは震災によって破壊された訳じゃないと思っている。
海洋資源、工芸品、農作物などなど…日本に誇れる事物をキチンと
持っている東北の資源を、「超特急で運搬するサービス」を作る
とか。

例を挙げると「宮古の鱈」を、
港から水揚げした瞬間に東京に向けて走り出す。
そして、朝獲れた鱈を夕方までには東京に届ける、その日のうちに
味わえる食堂(ex.MIYAKO DINER)を作るとか、そうした試みに賛同
いただけるお店を募って「一口幾ら」で会員になれる「MIYAKO
魚市場」を東京に開設するとか…色々。

とにかく、「善意」で買うのではなく「絶品の食材・物産」として
買うと言う空気感(戦略PR的なモノ)を醸成しぃのメディア等にも
取り上げてもらいぃの、都内ならここで味わえるけど、本当は
現地に行くのがベストとかとか。

そこに雇用が付いてこれば良いなぁ~などと。

そんな事を考えております。

さしあたって昨日、忘年会会場としてお世話になった銀座のオペラハウス
と言う非常に素晴らしいお店が「食材持ち込みしてもOK」と言う快諾を
いただいているようなので…

1)買い出しに行く(ワタクシ他1名※主に外道系)
2)その日のうちに持ち帰るメロス状態
3)お店に託す
4)振る舞う
5)最高や!!

と言うイベントなどができればなぁ~とか。夢が膨らんでおります。

マスターが「ブログでオペラハウスの宣伝をしてくれ」と言われていたの
で(笑)、シレっとブチこんでみました。

ってな訳で。
来年はとにかく…「ためになる事」を、キチンと工程表を作った上で
実践して行ければ良いなぁ~って思ってます。

今年も色々と、ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

ではでは。

月食、タコなど

12月10日の夜、
夜空には満天の星。
澄んだ東北の空気の下、月食観察にはもってこいの条件。

月食をキチンと堪能できた人=エリーさん
月食の事を忘れ、キチンと和室に布団を敷いて寝た人=私。
和室に布団も敷かずに寝た人=TAKUさん。

キャラが非常によく出ているエピソードだと思う(笑)。
とにかく、朝から東松島までの道と、後は陸前高田から
宮古までの国道を延々運転した(走行距離約500km)身として、
そして翌日の運転もあるので…痩せ我慢をせずに寝るに
限る。…室内に風呂が無い(共同風呂)ので…風呂ぐらい
入れよ!とは思うけど、まぁそこはそこで(笑)。

エリーさんいわく、素晴らしい月食だったそうだ。
その月食を見に、多くの方が夜空の下に集われていたそうだ。

…私はまだ布団を敷いていたのでマシだけど、
畳の上で崩れている人は勿体ない事をしたなぁ~とは思う。

翌日、前日は5時集合だったに関わらず各人が早起きして
夜明けを宿の外で迎えたらしい。私も日の出でも見る
べいか?と、宮古の海をじっと眺めていた。

美しい海。
海にともる…イカ漁の漁火だろうか。
この海が突如牙をむくとかにわかには信じられない…美しく
穏やかな海。

海

海を堪能して、
午前8時集合だったので…その前に朝食(込みで宿泊代5,000円)
を摂るべいと朝食をいただき。前日に海の幸だのその前に炊き出し
の庄内風雑煮だのを頂戴し、結構食べ過ぎだったのだけど…
ご飯とかは少なめにしておこうとか思ったのだけど…宿の方が
よそってくださったので…ありがたくいただく(笑)。宿の朝食
らしくて美味しかったです、ハイ。

んで、午前8時に宿を出て…浄土ヶ浜の遊覧船が出ているとの事
だったので、せっかくだから船に乗って宮古の海を見るべいと
言う事で。

浄土ヶ浜の駐車場近辺の小山に登ったり色々しながら。
具志堅用高のような喋りの駐車場近辺で働くおじさんに遊覧船
乗り場の位置を聞きながら。遊覧船乗り場に向かうと…

「客、いやしねぇ!状態」であり(笑)。

3人が切符売り場に行くと慌ててお客をお出迎えするモードに
なり。切符を買うと出発にはかなり時間があるけどタラップを
出してくれたりして…もう船に乗って待ってれば良いじゃない?
と言うモードになったと思うと…その場にいた遊覧船関係者が
一目散に走り出し…何か引っかけるカギのようなモノを、いや
タモさ持ってこい!と言う話になり…


…何なの?と言わば…つまりは船着き場に大きなタコが迷い
込んでいたらしく。それを捕獲して皆で山分けするべい!と
言う話のようで。
タコ

漁師さん、船関係の職員、船のガイドさんなどなど。
皆さん総がかりでタコと格闘して…タコを捕獲!!

タコ

割と「どや顔」(笑)。

タコ

生け捕られたタコ。
これだけ見ると大きさが伝わりにくいけど…まぁ大きい。
その大きいタコは山分けにされるようで…先ほどまで
船に渡るステップをかけてくださっていた職員の皆様が
全て「二層式の洗濯機にタコと粗塩をぶちこんでヌメり
を取る」と言う…ルーティンワークに従事していた。

…或る意味、「ナイスチームプレイ」(笑)。

こんな事、よくあるんッスか?
「うん、カニさ食べてる時にはタコが興奮して赤くなっから、
そうなると見えるようになるんだ!」と…。つまり船着き場
付近にいる蟹を食べてるタコは普段の黒っぽい色では無く
赤くなるがゆえに人々の目に見えるようになると言う。

キジも鳴かずばではなく「タコも赤くならずば獲られまい」
状態(笑)。

明らかに「老人と海」と言う年齢の皆様が、
タコと戦い、タコを獲った事で子供のようにハシャぐサマ
など…「これぞ宮古の日常の中のささやかな幸せ」と言う
現場に立ち会えた気がして…何だか嬉しかった。

色々なものを飲み込んだ海だけど、
その後もそこで暮らす人を笑顔にする恵みをもたらしてくれ
る…。本当に「アンビバレント(両面具有)でありながら、
それでも幸せが勝る海」と言った感じだろうか。
三陸の海のチカラにはいつもいつも驚くばかりである。

そんなこんなで、
3人だけど「貸切クルージング(ただし結果論としての貸切)」
に行き…その3人だけのためにガイドさんが約40分間ずっと
マイクを通したアナウンスをしてくれるも…途中から我らは
肉声、ガイドさんはマイクを経由しての会話となり(笑)。

「昨日は月食、ご覧になりましたか?」と言うガイドさんから
の問いに対し、オトコ2人が「彼女は見ました!」と言う…
若干アタマの悪い回答をするにいたり(汗)。

海

海

宮古の美しい海を満喫した。

そうそう、
この遊覧船の「名物」として…「うみねこパン」と言うモノ
があり。かつてはかっぱえびせんなどを海に投げてそれを
うみねこがキャッチすると言うモノだったのだそうだけど…
かっぱえびせんだと海が汚れる、うみねこのカラダにも悪
い(建前)…本音パンを自前で作れば原価ほぼゼロで儲け
られる(笑)と言う事で。

パン

1個100円のうみねこパンを2個買い求め、うみねこに投げて
食べてもらうと言う…

海

うみねこが船の速度に飛行速度を合わせて食べにくると言う
職人技を見せつつ、その職人技を無にするような暴れ馬=
我がスローイングだったのが非常に残念だった。スマン、
うみねこたち(笑)。

穏やかな海。
でも、津波の影響は当然あった海。
ご自身も被災されたのに、でも「この仕事があるから大丈夫」
とけなげに案内してくださるガイドさん。
そして…テンションアップに貢献するタコとうみねこ。

初冬の宮古の旅は本当に楽しく、美味しく。
そして何だか心にジーンと来るモノがありました。

決して「劇的なドラマがある」とか、そんなモンじゃありま
せん。ただ、「こんなモンだけど良かったら」と出されるモノ
ひとつひとつが物凄くレベルが高いと言う…飾らない日常の
中に感じる素晴らしさがあるのが…三陸の良さである気がします。

「だから行ってみてください」などとチープな事は申しません。
「だから行きます!何度でも、また海を味わいに行きます」って
感じです。

楽しく、美味しい旅でした。後は…安かった…とても(笑)。

その後は、例の魚菜市場に行き、
「イクラ500グラム、毛蟹1パイ、鱈1尾…全部で6,000円」を
買ってクルマに積んで家路に…ではなく、途中仙台で牛タンを
食べるために寄り道して戻りました。

翌日、家の者が毛蟹をゆでようと思ったら…
「何と生存していた」と言う(汗)。
何だか逆に申し訳ないと言う事態になりつつ…1パイ2.500円
ほどの毛蟹はとても美味しかったです。

また行こう、次はウニが美味しい季節にでも。

ではでは。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。