裏ドラ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11 クラシコ

朝5時。

完全に起きるには早い時間に起き、バルセロナのホーム=カンプ
ノウで開催されるリーガエスパニョーラの伝統の一戦=クラシコ
を見た。

バルセロナvsレアルマドリード。

私個人は以前よりバルセロナのファン。

…結果はご存知の方はご存知の事と思うけど、5-0と言う圧倒的
なスコアと、そのスコアが決してフロックではないと言う、何か
の「たられば」で結果が変わると言うモノではなく、レアル相手に
5-0で勝ったのが妥当であると思えるほど…日本時間の“今朝のバ
ルサ”は物凄かった。

ワールドカップやEUROと言うナショナルチームの試合など、全く
もって最強チームじゃないよな?と思ったり、EUROとワールドカッ
プを制覇したスペイン代表のサッカーと比べても今朝のバルサのそれ
は…遥かにレベルが上であると思えるほど。

例えばテクニックは勿論あるイニエスタがボールを貰った後に
別にこねくりまわすのではなくポンポンと惜しげも無く味方に
ボールを渡してしまったりすると言う…とにかく戦い方において
の迷いが全く存在しなかったのが今朝のバルサであり、無駄な動き
もイメージを持たないプレーが殆ど無かったのも今朝のバルサで
あり、今季からバルサに加入したビジャが「最高に満足している」
と…自身の2得点もそうだけど、恐らくこれ以上のサッカーはもう
無いであろうと言うゲームのメンバーとして活躍できた事は、既に
サッカー選手として大きな仕事を何度も経験してきたであろうビジャ
にとっても大きな喜びであったように思え。

表情がもう、「楽しくて仕方ない!」と。顔にそう書いてあった。

モウリーニョがレアルを率いて、昨年までの5試合に1試合はポカ
をカマすチームでは無くなり…しかもモウリーニョは多分に相手を
挑発するタイプでもあるので…或いはバルサは苦戦するのでは?と
思っていたけど…なんて事は無い、バルサの強さを引き出すには
格好の相手=モウリーニョのレアルであったようで。

日本時間の今朝、現地時間の11月29日にカンプノウに駆けつけた
バルサファンの皆さんにとって…一生の思い出になる試合であった
と思う。

元日本代表監督の岡ちゃんも、WOWOWの解説のお仕事でカンプノウ
にいられた事を、物凄く興奮しながら喜んでいたし(笑)。岡ちゃん
にしてもあわ立つような興奮や様々な重圧や、ある程度の達成感
などは味わいつくしただろうに…業務の一環として立ち会った試合
に対しての興奮と、その場にいられる事への感謝が出てしまうよう
な…まぁ岡ちゃんはバルセロナのファンだからかも?だけど(笑)
…朝の5時に起きてサッカーを見ていると言う…無理くりテンション
アップをしている事を取り除いても…今朝の試合は本当に楽しかっ
た。

ビジャなど…「バレンシアを出てここに来て良かった!」と思って
いるだろうし、恐らくイブラヒモビッチはギリギリと歯軋りをして
いる事だろう(笑)。

凄い試合を見せていただきました。
眼福眼福♪

ではでは。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。