裏ドラ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰ゲームアプリについて

例えば「ホニャララの罰ゲームとしてモゴモゴ」と言うモノが
あったとして。…世の中的にそうした罰ゲームと言うモノは
大よそ反故にされるか?或いはグダグダになると言うパターン
が多く。

厳密に遂行を監視するなどと言う事も無く、上げたハードルの
下をシレっとくぐってお茶を濁すパターンが結構ある。

…正直、「罰ゲームに生命を賭けたい身(何で?)」としては
非常に不満であり、そうは言っても自分自身も罰ゲームを相応
に完遂できている自信も無く。

要は冷静に罰ゲームの旅程を記録している事物があり、罰ゲーム
を完遂する事で解放されるとか…何だかそんなモノを実現でき
れば楽しいかなぁ~などと思い。

仮に…罰ゲームとして「和歌山県太地町の落合博満野球記念館
に行く」とか「エビアン汲んで来る」とかとか…要は水曜どうで
しょうのサイコロの出目をインプットし、「罰ゲーム」として
サイコロでもルーレットでも何でも良いから実施した上で。

選択された罰ゲームを、罰ゲームとして登録し。
その罰ゲームをいかに早く遂行するか?と言う事でポイントが
付与されると言う…。移動距離、要した時間、難易度(新幹線
の駅から離れているとか交通の便が悪いとか色々)の掛け合わせ
などでポイントが付与され、そのポイント上位者を競う「X-1
グランプリ(バツワン)」が開催されるなどなど。

アプリ

アプリケーション側として、目的地の設定やら何やらを設定する
項目があり。そこにGPS機能だの公共交通機関のデータベースだの、
後は宿だのグルメだのの情報を上手く連動すれば広告収入も期待
出来るわ…色々と広がりがありそうな気もして来た。

罰ゲームとして…「エビアン汲んできて!」と言われて本当に
エビアンを汲みに行く事をナビゲーションしつつ、見守りつつ、
遂行した暁にはポイントを付与してくれて皆に褒めてもらえる
と言った…こんな酔狂なアプリを…

ぜひ、旅行会社やら地図会社やらどこやらに開発して欲しいと
思うのだが、誰にどのように持ちかければ実現するのか?…
明快なイメージが沸かないので…とりあえずブログの記事にして
みる(笑)。

…別に「罰ゲーム」ではなく「リアル旅ゲー」やら「双六」やら
何やらと言う理解でも良いけど…やはり行きたくて仕方ないと
言うスキモノより、「何で私が落合博満野球記念館に…」と
言った、昔「伝染るんです」と言う漫画でしくじりをしたヤー
さんが指をつめてオトシマエをつけると言ったのに対し、
「恵比寿のノリPショップに行って買い物をして来い。領収書
を貰うことも許さず、プレゼント用の包装をしてもらう事も
許さん!」と言う命令をしたヤーさんの兄貴分(=かつて鬼と
言われた乾)の心境で…敢えて罰ゲームと言う事で。

【参考:乾さん】
乾

開発者、求む(誰が?)。
ではでは。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。