裏ドラ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝からブチぎれる

実は先週、「プチぎれ」をしていた。
車をガリっとやってしまい、プラス車検もあったので…ディーラー
に車を持って行った。入庫については当然予約をし、状況も伝えて
おり、それに対しての修理であると言う依頼内容も伝えており。

それに対して車をディーラーまで持って行ったのだけど。

まず、納期について「ゴールデンウイーク明けになります」と沈痛
な面持ちで伝えて来て、それは「車検には通常4日間を要するため、
その時間には他の事が出来ない、つまり修理とパラレルで走らせる
事ができない」と言う点を言われ。

こっちもゴールデンウイークには車を使いたいから「何とかなりま
せんか?」と最初は下手に出るも「無理ですねぇ~」と沈痛な表情
で言うので…我が恫喝スイッチがオンになり。

「分かりました。
 じゃあ車検はとりあえず置いておきましょう。まだ車検切れまで
 時間ありますから。
 まず修理を対応してください。で、1週間あれば修理ならできると
 思いますので、来週の土曜までに車を返してもらえるよう、
 調整いただけますか?」

と伝えて、現場である工場に確認してくださいと伝えると…。

確認して来たら「車検も込みで来週の土曜までに」と言う回答を持って
来た。「は?出来ないって言ったじゃん?ってか最初にまず確認した
後で回答しろよ!」と思うも…それをあまりに強く言ってしまうのも
モンスタークレーマーなので…「そうですか、じゃあお願いします」
と伝え…車で自走して言った横殴りの雨の日だったので、「せめて
駅までは送ってくれるだろう?駅から徒歩20分ぐらいだし、最悪“
タクシーお呼びします。次にいらっしゃる時に領収書を…”ぐらいの
話は出る」かと思ったけど、「帰りはどうすりゃ良いですか?」と
聞くと…屈託なく。

「徒歩で用賀駅まで、ちょっとかかりますが…」と沈痛な面持ちで、
歩いて帰ってくださいと促された(苦笑)。車で行ったので、傘を
持ってる持ってないの確認ぐらいはあって然りであり、勿論傘を手元
に持っていない感じだったのだけど、我が手に傘は握られておらず。

言うなれば「そんなのシラネぇよ!」と言う事か?と。

こっちも備えはあるので、車のトランクから傘を出して、ほんでもって
タクシーで帰るのも悔しいのでトボトボ歩いて駅まで向かった。


その日の夜に、
「やっぱり修理個所が根深いので、今回は修理のみで車検は後日に…」
と言う電話連絡をしてきて、まぁそれもしゃーないか?と思い文句を
言う事は無かった。

1週間経過したのが「今日」。

入庫する際に「当然家まで持ってきてくれますよね?」と聞いたら
「その日は予定が混んでまして…」と沈痛な面持ちで「無理です!」と
言っていたので、「あのですね。1万円2万円の取引じゃなくて20万円
以上のお金のやり取りをする客に対し、予定が混んでるで誤魔化そうと
言うのはオカシクないですか?誰かの予定ぐらい空けさせりゃ良いじゃ
無いですか?ディーラーとして客に“取りに来い前提”なんて、正直
あり得ませんよ!」と、ちょっと怒って伝えて、周囲の同僚にも聞こえる
ように「ちゃんと持ってきてくださいね。来週の土曜の何時に持ってきて
くれるか?連絡お待ちしてます!」と言い放ち帰ってきたが。

…連絡、来やしねぇ(苦笑)。

で、昨日今日の予定を立てようと電話してみると…

「休みでーす!」と言う屈託ないメッセージ。あぁそうですか。対応でき
ないのはアナタたちが休んでいるからなのですね(苦笑)。

で、今朝コンタクトを取ると、「えーっと、まだ修理をしており、午前中
と言う事は無くて、午後の段階で…」などと言う。

その際の質問は「約束は今日でしたが“いつ、持ってきてくれますか?”」
と言う事だったのに…電話口でモゴモゴ言っていたのは…「思った以上
に損傷が激しかった」だの何だのと言う言い訳のみであり。

はい、我が罵倒スイッチオン。

此処には書けない言葉の数々でハードなコミュニケーションをさせていただき、
無事に15時~16時の間に自宅に届けていただく事で落着。ちなみに修理に対し
てかかった費用は…保険だから我が懐は痛まないけど…40万円弱である。何を
どこまで修理したらそれほどの金額がかかるのか?と。

ってか保険だから良いとは言え、入庫した車があったがゆえに40万円の金額
がそのディーラーには入る訳で。ならばもっと「進捗状況の報告」とか
「連絡・相談」の類は密にすべしだと思うし。1万円2万円の事で後生恨み
続けた事を言ってるつもりもなく、「連絡くれ!」と言った要望への回答
と「今日と言う約束の納期」に対し、私が今朝電話をした時点で回答がゼロ
であったと言う点が…本当に腹立たしく。

もう少し前の、
ジェノサイダー気質が強い頃なら「上司を出せ。菓子折り持って詫びに来い」
などと言う台詞を発したかも?だけど(苦笑)、それを言うとヤの付く職業
の人と何も変わらないので…15時~16時の間に自宅に届けていただく事をして
着地点とし、ブログ上の記事とする事で…15時~16時に納車する際に、届けた
人を罵倒する事が無いよう、我が心の中に巣くう狂気を鎮静化させる事とする。
うん、因果応報だから…人様に対しての大きすぎる要求が自分に戻ってきた
時、「それほど立派な人ですか?それほどオシゴトができるんですか?」と
問われても…そうでもない気もするし。

ただ、
教訓として「報告連絡相談」と、相手の立場を先回りして、「こうしましょう。
こうさせてください!」と言う気持ちなり意識が無い、何かあったら謝れば
良いんだ!と言うナメた態度でいると、その謝られた行為が逆に憤りを増幅
する気がする。

回答の前に、相手の要望を理解し、その要望をかなえられる回答とは何ぞや?
を瞬時に把握し、それをすべく確認をしてから、最善の回答をする。
「無理です!」と、確認もせずに回答をする事=人とのかかわり合いを否定
する行為なのね?と。その方がラクかもだけど、でも、よろしくないなぁ~
と。こうした事は自戒として、記憶しておこうと思った。

にしても…
基本的に「謝らない事を是として生きてきた身」として(笑)、
「謝れば時が解決する」と言った態度の人に触れると…それでエエんか?と
言う気持ちが生まれてしまう。立場の違いとか関係なく、言うべき事はキチン
と主張すべしである気はするし、そこに理があれば当然受け入れるのだけど。

…怠惰なだけの人が謝っても、その謝罪には何の意味も無く却って不快なだけ
だな?と思った。…むぅ…。


ではでは。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。